シトルリン配合量が多いのが外国製サプリの特徴

外国産のペニス増大サプリは外国がマーケットになっています。原産国に居住する男性を対象にして作られており、例えばアメリカ製ならばアメリカ人向けの成分調整がなされています。欧米で製造されるペニス増大サプリの多くは、内容成分が日本国内産と比べて豊富です。一方で価格はリーズナブルに抑えられており、これは日本以上にペニス増大サプリがポピュラーな存在だからです。

なかでも最新のペニス増大サプリは、血管拡張や血行促進を売りにしたものが目立ちます。シトルリンの含有量が強化されているのが特徴で、海外で製造される日本向けのペニス増大サプリにも言えることです。その理由はシトルリンが医薬品成分から食品に変わったからです。

以前から血流促進における機能性は注目されていましたが、医薬品のためサプリには活用できませんでした。それが食品として解禁されたことで、各メーカーがシトルリン配合のサプリを積極的に売り出すようになったのです。

日本のサプリにはアミノ酸系と食材系がある

とにかく強い実感がほしい男性には、外国産の最新ペニス増大サプリをおすすめします。ガツンとした力強さがあり、日本における医薬部外品レベルの実感度を誇っている商品もあります。一方で少しずつ時間をかけて体質を変えていきたい、疲れやすさや体力不足を解消したいという方は国内産を選ぶことが多いです。国内産はその国の人たちをターゲットに作られており、体質に合わないというケースは少ないです。

最近の国内の最新サプリ事情を見てみると、外国産と同様にシトルリンの配合量にこだわったものが目立ちます。全般的に最新サプリはアミノ酸が強化されており、アルギニンやオルニチンも追加配合したものが多いです。マカやニンニク、高麗人参などの食材を中心にしたものは、精力剤寄りの性質を持っています。アミノ酸系か食材系かを見極めることで、サプリの目的を知ることができます。インターネット販売されているものは、店舗販売と比較してアミノ酸系が主力です。

まとめ

外国産のペニス増大サプリはシトルリンの配合が多く、最新タイプは特に顕著になっています。血行に作用するので実感度が高く、ガツンとした作用を求める男性に適しています。国内産サプリは外国製と比べてパワーは劣りますが、日本人の体質に合わせて作られているので安心です。

ただ最近は外国製のようにシトルリンを増やしたタイプが多くなってきています。ペニス増大を目的にするならアミノ酸系、疲れやすい体質を克服するなら食材系がおすすめです。